2008年08月27日

身の回りに転がっている投資アイデア

『ダイヤモンドZAi』の10月号を編集者の方に送っていただきました。

どうもありがとう!。

それを見ていて、「あっ!」と思わず叫びたくなるような記事に出くわしました。まさに、「イヌも歩けば棒に当たる」だな、こりゃ。

その記事というのは;

「賢い投資家のための投信選び3か条」

というタイトルの記事です。(84ページから)

若林雄二さんと言う方が「シャープ・レシオとアルファをちゃんと見て、投信を選んでください」と提唱しているわけだけど、そこで示された:

投信BEST50

というリストを見てぶっ飛んだんです。

なんとバイオテクノロジーとかゲノムのファンドがごろごろ入っているからです。

トップ50の投信のリストをパフォーマンスの高い順に並べ替えると、上位20のうちに5つもバイオないしゲノムのファンドが入っている、、、。

因みに公募投信3198本がユニバースなんだそうです。

しかもシャープ・レシオやアルファを加えるとバイオ、ゲノムはかなりいい線行っているのです。

いまBEST50に選ばれたファンドの少なからぬ部分は所謂、ベア型ファンドだったり、コモディティー・ファンドです。

ロングという考え方で、このさいベア型ファンドを除去し、しかもコモディティー・ファンドはこの調査(8月1日時点)以降もどんどんパフォーマンスを落としている筈だから(=原油安)、それを差し引けば、ほぼバイオ、ゲノムの独壇場なんです。

バイオやゲノムと言えば、「駄目ファンドの見本」とずっと思われてきました。それがこれだけ上位に食い込んでいるということは、このセクターに何かが起こっている、、、そういうフレッシュな発想を持つべきだと思うんです。

あ、念のために言葉を添えておくと、僕はこの記事にリストアップされた投信はどれも買いたくないと思います。その理由は販売手数料がバカ高いから。

バイオをプレイするなら、ひとつ前のエントリーで紹介したIBBを買えばそれで十分。


posted by 踏み上げ太郎 at 09:56| Comment(2) | セクターETF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
……万能細胞の研究にかかわってる女性と晩飯食べてるときに、バイオとかゲノムとかって、オオバケするんだなぁ…って、思いました。
Posted by 月の中で孤独 at 2008年09月19日 19:58
……万能細胞の研究にかかわってる女性と晩飯食べてるときに、バイオとかゲノムとかって、オオバケするんだなぁ…って、思いました。
Posted by 月の中で孤独 at 2008年09月19日 20:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。