2008年08月02日

アメリカにはこんなETFもあるよ

コモディティー関連のETFを紹介しておきます。

USガソリン・ファンド(ティッカー:UGA)
United States Gasoline Fund LP
Victoria Bay Asset Management, LLC

USオイル・ファンド(ティッカー:USO)
United States Oil Fund
Victoria Bay Asset Management, LLC

US天然ガス・ファンド(ティッカー:UNG)
United States Natural Gas Fund
Victoria Bay Asset Management, LLC

パワーシェアーズDB農業ファンド(ティッカー:DBA)
PowerShares DB Agriculture Fund
Deutshce Bank

アイパス・ダウ・ジョーンズ−AIG家畜トータル・リターン・サブ・インデックスETN
(ティッカー:COW)

iPath Dow Jones – AIG Livestock Total Return Sub-Index ETN
Barclay’s Global Investors


このほかにもいろいろあるけど、きょうはこのくらいにしておきます。
(上のリストにはネット証券の取り扱い銘柄に入っていないものもあります。)



posted by 踏み上げ太郎 at 06:03| Comment(4) | ETFの紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アメリカのETFに興味津々です。
しかし 個別株のように割高割安を評価する方法(私だけかもしれませんが)を知りません。

少なくとも株のETF(上記ではオイル会社の株式ETFでしたら)ぐらいはPERぐらい明示されていても良いかと思っているのですが。

でないと ガソリン、クリーンエネルギーなどの昨今のように暴落を経験しなくてはいけなくなります。

ETFの割安、割高評価方法が欲しいと思っています。
Posted by leotiger at 2008年08月02日 08:05
世界各国の株式市場でPEGレシオの低い国のETFを買っていくという戦略は、どうでしょうか?
Posted by ジョニー at 2008年08月02日 12:52
これらETFを組成している証券会社なり銀行なりが倒産した場合、そのETFはどうなっちゃうんでしょうか?リーマンあたりが吹っ飛んだら最初のケースが見られるかと注視してたんですが、どうやらとうぶんお預けのようで。
Posted by 京都人 at 2008年08月03日 01:52
京都人さんのコメントにも関係するのですが、ETFって上場廃止になったりはしないんでしょうか?

ETFを提供する証券会社の倒産の他、出来高があまりに少なくなると、ひょっとするとなくなっちゃうんじゃないかなと思うんですが。

ちなみに、ワタシはQLD,QID およびそれらのオプションを取引しています。
Posted by NH at 2008年08月03日 02:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。