2009年01月24日

ウルトラレバレッジETFに関する単純な誤解について

最近ウルトラレバレッジETFについて皆さんから良く質問を受けます。

その大部分は「ウルトラレバレッジETFがちゃんとインデックスをなぞっていない」という指摘です。

先ず事実としてウルトラレバレッジETF、とりわけショート型の商品は所期の設計通りの値動きをしていない場合が多いです。

次に一般論として「そのETFが大多数の投資家がインプリメント(実行)しにくいスキームになればなるほど、乖離が大きい」という傾向があります。

例えば:

S&P500をなぞる、ティッカーSPYというETFは乖離が少ないです。

でもS&P500より2倍動くETFだと乖離幅が大きくなります。

さらにベア型ETFでS&P500のマイナス2Xで動くというようなETFなら、通常乖離はもっと大きくなります。

それでは、一体、誰が乖離を発生させているのでしょう?

それは個人投資家です。

個人投資家がウルトラベア型のETFを購入する場合、殆んどの人はそのPCF(ポートフォリオ・コンポジション・ファイル)から計算される理論価格など、頓着しないと思います。

乖離が出ていても平気で注文を入れてしまうわけです。

別の言い方をすれば理論価格を手がかりに売買の判断がなされているのではなく、「人気」のあるなしで売買がなされているわけです。

こうした理論価格と場でついている価格の乖離を是正するのはETFのファンドマネージャーの仕事ではありません。それは指定参加者(AP)の仕事です。APとはオーソライズド・パーティシパントの略で、通常、証券会社などの機関投資家です。

彼らは乖離が生じていると見るや「割高になっているETFを売り、割安な原株を買う」などのバスケット取引をします。そしてそうやって確定した鞘を、実際に原株のバスケットをETF運用会社に持ち込み、ETFに変換することで儲けるのです。

或るETFが所期の設計とは違う動きになっているのは、そのETFの運用会社の側の問題ではなく、上記のような取引所の売買におけるアービトラージが上手く働いていないことが原因である場合が大半です。

それをETF運用会社のせいにするのは、そもそもETFという仕組みの根本にたいする理解が無いからです。

posted by 踏み上げ太郎 at 22:53| Comment(56) | ETFの紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月12日

アイシェアーズS&Pグローバル・ニュークリア・エネルギー指数 (NUCL)

原子力.jpg

来週、いよいよオバマ政権が誕生します。そこで「オバマ・ニューディール」に直接関係するようなETFをひとつ紹介します。アイシェアーズS&Pグローバル・ニュークリア・エネルギー指数(ティッカー:NUCL)がそれです。同ファンドは世界の原子力関連の銘柄に投資するETFで全体の約半分が電力会社の株式、残りが核燃料の会社、原子炉建設のエンジニアリング会社などから構成されています。主な保有銘柄は:

キャメコ(CCJ) 8.34%
エクセロン(EXC) 8.09%
パラディン・エナジー(PALAF.PK) 7.89%
イーオン 7.54%
ウラニウム・ワン 7.13%
マクダーモット(MDR) 6.68%

などとなっています。また同ファンドの資産の半分を占める電力会社株は所謂、公共株に分類され、一般に不況でも業績がそれほど落ち込まないディフェンシブな性格を持っています。

posted by 踏み上げ太郎 at 07:07| Comment(0) | ETFの紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。