2008年11月18日

ETFが活況

アメリカで取引される全株式売買高のうちETFの占める比率が10月に40%に乗りました。米国で最も多く取引されるトップ10銘柄のうち、実に8つがETFなのだそうです。

個別株とETF.jpg

posted by 踏み上げ太郎 at 10:53| Comment(2) | ETFの紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月16日

ウルトラ・レバレッジETF

ウルトラ・レバレッジETFという商品が話題になっています。
ディレクション(Direxion)という運用会社が最近発売した商品です。
実はこのファンドが出るまで、僕はディレクションという会社は聞いたことがありませんでした。何でも1997年の創業なのだそうです。創業社長のダニエル・オニール氏はもともとロシア専門のヘッジファンド、エルミタージュに居た人です。

現在のところディレクションは8本のウルトラ・レバレッジETFを出しています。
それらは:

大型株
ラージ・キャップ・ブル・3倍ETF(BGU)→ラッセル1000指数の300%
ラージ・キャップ・ベア・3倍ETF(BGZ)→ラッセル1000指数の−300%

小型株
スモール・キャップ・ブル・3倍ETF(TNA)→ラッセル2000指数の300%
スモール・キャップ・ベア・3倍ETF(TZA)→ラッセル2000指数の−300%

エネルギー株
エネルギー・ブル・3倍ETF(ERX)→ラッセル1000エネルギー指数の300%
エネルギー・ベア・3倍ETF(ERY)→ラッセル1000エネルギー指数の−300%

金融株
金融株・ブル3倍ETF(FAS)→ラッセル1000金融株指数の300%
金融株・ベア3倍ETF(FAZ)→ラッセル1000金融株指数の−300%

まだ上場されて間もないETFですのでどのくらい定着するかは未知数です。でも大型株3倍ETFと小型株3倍ETF(つまり上の4つ)については十分な出来高があるのでたぶん定番商品になるでしょう。

反面、エネルギー3倍ETFと金融株3倍ETFの人気はイマイチ。値動きが荒っぽい(平気で一日20%くらい上下します)ETFですから板が薄いのは致命的。
posted by 踏み上げ太郎 at 11:39| Comment(6) | ETFの紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。